新型コロナウイルス関連肺炎に対する当社の対応について、以下にお知らせします

1. 基本方針
当社は、新型コロナウイルス関連肺炎に伴うリスクに対し、以下の方針に基づき体制を整備し、必要な対応を遂行しています。

①従業員等およびその家族の生命・健康維持を最優先する。
②社会への影響を配慮し、可能な限り感染者増加を防止する。
③社会・お客様から求められるサービスの継続的提供のために努力をする。
④経営基盤、組織の維持に努める。

2. 対応の考え方
当社では、厚生労働省の発表や社内の感染状況をもとに、自社の警戒レベルを決定します。
また、警戒レベルに応じて、行動計画を策定し周知することで、「従業員等の安全確保・健康維持」、「感染者増加の防止」、「サービス提供の継続」、「組織の維持」を図ります。

■4月11日の状況及び厚生労働省の対応についてお知らせ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10800.html

■新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000620039.pdf

3. 従業員への対応について
感染予防に関する注意喚起を徹底するとともに、不要不急の外出の自粛、日本から海外への渡航を原則禁止としています。

今後も各方面からの情報を注視しながら、上述の基本方針・対応の考え方に則り、必要な対応を速やかに実施してまいります。

以上